高校からマンガ家デビューも出来る|実現は専門学校をchoice!

アニメ

学び場を変える

編入も出来る

ファンタジー

早いうちからスキルを身に付けられる高等部のある専門学校では、今からでも学びたいという人のために編入制度というのがありますます。編入制度はいわば転校のことです。一般の高校に通っていても、もっとはやくから技術を身に付けたいという人は多くいることからこの制度があります。この制度が利用できるのは15~17歳、つまり高校一年生と二年生が対象になっています。編入でも基礎からちゃんと学べるようになっていますので、安心して学習出来るようになっています。実際に編入する場合には、まずは問い合わせをしてから学校の見学と説明会を受ける事になります。説明会では個人ではなく保護者と一緒に受けるようになっています。保護者も不安なく、編入の手続きの手伝いができます。編入制度の内容ですが、学科だけでなく学校によっても異なってきますので前もってちゃんと確認しておくことが必要になってきます。

学科の変更も出来る

マンガ家育成の学科へ編入したという高校生は大勢います。高校の授業でも美術はありますが、専門学校ほどのものではないので、人によっては本当にイチからのスタートとも言えます。初めはつらいこともありますが、地道に努力をしていくことでスキルを発揮させる事ができますので一生懸命取り組めます。また、学校によってはコースを変えることの出来ることもあり、マンガ家育成の学科から声優、ゲームクリエイターの学科に移動するといった自分にあった学科を見つけ直すという方法もあります。しかし、コースを変えることもまた初めからになりますので、そのことを踏まえて考えることが重要になってきます。